上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まいど!

今年で永田農法でトマトを育てて3年目。

教科書通りに行かない現場に手を焼いておりますが・・・・



DSCF2114.jpg


まあ、なんとか 今のところ 順調に 生長しています。



教科書通りにしてもうまくいかないことが分かったので


適当に手を抜いたりして ヤンバイ な感じで楽しんでいます。



DSCF2116.jpg


プランターなので 大きくは育ちませんが 食べられる程度のトマトは 出来上がります。



DSCF2121.jpg

そんななか、得意の遊び心満載の実験。



アスファルト農法。



プランター脇にある アスファルトの残土で トマトは育つのか?プロジェクトです。


永田氏の説明によると 植物の根っこの役割は 苗を起たせるための役割と 水(養分)を吸収するための役割とあるそうですが(トマトの場合) 養分さえ与えていれば しっかり トマトが育つのではないか?という 仮説を立てました。


養分は液肥と水でまかない 苗を育てます。


プランターと違い 残土にも深さがあるので もしかしたら プランターより 根が広がり、奥深くまで伸びるのではないかと 考えました。



水はけも 良さそうですし、もしかしたらと考えています。



これから 枯れるまで 進捗状況を報告します。(あ~~~、畑 欲しい!)


DSCF2122.jpg

一寸 きびしいべが?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinodai234.blog57.fc2.com/tb.php/824-aefa659e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。