上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まいど~!㈱板長ファーム 社長のボクです。

永田農法を詳しく説明すると長くなりますので

ナナヒメドットネット さんのブログよりコピー&ペーストします。



永田農法とはなんなでしょう?。
少ない経験ではありますが、全くのど素人だった私が2年間やってみて判ったこと、また文献等を参考に復習の意味もかねて書いておこうと思います。
まずはちょっと説明風に
1.名称
農業研究家、永田照喜治氏が提唱する農法で「スパルタ農法」「断食農法」「緑健農法」「ルーツ農法」などと呼ばれることもあります。
2.手法
現在の方法とはかなり違います。まず土についてですが、一般的に肥えた土壌というのが望ましいとされていますが、永田農法ではそう言ったものは不必要、石ころがゴロゴロしているような痩せた土壌にて行います。またプランターなどの鉢植え栽培においても、肥料がすでに含まれた柔らかいものではなく、川砂・赤玉土・ひゅうが土と言った養分を含まず、水はけのいい用土を使います。注)川砂については、必ず農業用に販売されているものを用いて下さい。ホームセンター等では建材用?のものも売っていますが、こちらは有害物質が含まれている恐れがあるため使わない方がいいそうです。
肥料は有機肥料は使わず、化学肥料である液肥を用います。有機肥料だと、全てが植物に吸収されるわけではなく、土に残留し様々な悪影響を与えてしまう恐れが心配され、あらかじめ水に溶けた状態の液肥であれば吸収が早く土壌に残りにくく、また残ったとしても無機肥料なので影響が少ないと言うこと、施肥量が正確に分かると言ったところが理由のようです。液肥にも様々な種類が販売されていますが、基本的に窒素・リン酸・カリだけが入っているもので十分、この条件に合うものもたくさんあるでしょうし、なんでもかまわないとは思いますが、一般的には、住友液肥を使用することが多いようです。基本的に1週間に1回程度、雨が降った日は中止にし、土が乾いてから与えます。
水について、畑作の場合はよっぽど土が乾いてしまっていると言うときでなければ必要ないようです。プランター等の鉢植え栽培においては、液肥の1週間に1回というペースは同じで、水は葉っぱが萎れてきたらあげるという感じで与えます。
3.結果
上記手法を用いることにより、野菜は極端な飢餓状態になり、本来持つ生命力を取り戻すそうです。その結果、糖分・栄養分が通常栽培の野菜より桁違いに高い野菜が出来るとされています。


ナナヒメドットネット ブログ

し・か・し・・・・

永田農法で家庭菜園し、ブログで成長記録をアップしているのを見るとことごとく失敗!挫折!

凹みすぎてブログアップまで頓挫。悲しみばいぞう のようです。


・・・で、ボクなりに解釈。

朝から晩までつきっきりで観察・手入れを出来ない人は、もうチョッと緩やかな永田農法にしないと全艦隊撃沈されるのではないかという仮説をたてました。

その仮説を実証するため、我が ㈱板長ファーム では チョッと緩めの 永田農法風 でプランター栽培することにしました。

本家の永田照喜治氏が提唱する方法と、その娘の永田洋子氏の著作本では若干の違いがあります。

(同じ永田農法ですが洋子氏の著作本ほうが詳しく、そして優しい・・・・照喜治氏が真性ドエスなら洋子氏は プチエス)


だだし、あまり緩めの栽培にすると シャア専用ザク のような 糖度3倍 ビタミンC 10倍の モビルスーツトマトが出来ない可能性もありますので 手探りしながら 育てていきたいと考えています。


先ずは、栽培するための道具をそろえなければなりませんが、我が家は農家ではありませんので1から10まで買い求めなけれなりません。

資本金 1万円で収まるか 不安ですが・・チャレンジします。

DSCF7119.jpg


次回 第四話へ 続く・・・。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinodai234.blog57.fc2.com/tb.php/530-48b0ec57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。