上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.20 宇都宮餃子
毎度、本日2本目のアップです。

今回は 

DSCF4745.jpg

秘訣は官民一体 ひと皿200円の町おこし 
(宇都宮餃子はなぜ日本一になったか)


この本は、町おこしの稀有な成功例のお話です。

~宇都宮市職員の発案による町おこしプロジェクト~

本来ならば民間の方から発案され、役所の協力を得ながら成功していくのが普通のケーススタディでしょうが、今回は市職員のプロジェクトでの成功例です。

市の職員が宇都宮市の餃子消費量日本一・・・・という数字に注目し、コレを町おこしに利用できないか?と考えたことから始まった官民一体の餃子プロジェクトです。

市内の餃子やさんを一軒一軒口説いてまわり(自腹で食べて)少しづつ協力者を増やし餃子の町をピーアールしていきます。

現在では日本中に知れ渡り全国各地よりお客様が訪れるということです。

わが町の役場職員の方も宇都宮の有名店(MMというお店)へ行ってみましたが行列が出来ていて、いつ食べられるか分からないと判断し、その有名店の餃子は断念してきたと聞きました。

喜多方市のラーメンもそうですが、 “食” の力はすごいと感じました。

河北町にも“肉そば”という、すばらしい資源がありますので、利用できないかなと寿司屋のボクは考えてしまいます。

DSCF4748.jpg

といっても同じ手法が通用するとは考えにくいですが、わが町の環境に合わせた手法があるような気がします。(どこの町でも手探りで進みますので・・)

まあ、読み物としては面白い一冊です。興味のある方は是非ご購読ください。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinodai234.blog57.fc2.com/tb.php/309-a0eab57f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。