上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まいど~!

ドラマの準備で何かと忙しい 板長ジョニーです。

今日も渡辺ディレクターと河北町役場 産業課の Oさんがご来店になり、エキストラの打ち合わせをしました。28日のサハトべに花でのコンサート観客エキストラはほぼ満員状態。ただ、長時間耐えられるかが心配していました。

ボク担当のエキストラはおかげさまで9割5分完了!ありがとうございます。ご協力に感謝申し上げます。

さて、本題!

DSCF4558.jpg


『お通し』はなぜ必ず出るのか?ビジネスは飲食店に学べ!

ボク(当店の経営方針も含む)の見解を述べさせて頂ければ、・・・・・・アルコールを飲まれるお客様には先にお断りされない限りは必ずお出ししています。

なぜ、出すのか?・・・その答えは、お客様がご注文された料理(刺身・寿司・酢の物など)が出来るまではある程度の時間が掛かります。その時間をアルコール飲料だけで過ごしていただくのはお客様に対して失礼であるし、また、アルコール飲料にはアテがあったほうがビールやお酒も美味しく頂けますので必ずお出ししています。

本の中では、少ない金額ではあるがテーブルチャージ料?的な意味も込められているということですが、コレは大都会、東京で多額の家賃を支払っている経営者の考えや方針だと考えます。山形県の河北町に限ってはその意味は少ないと思いますが・・・・・


DSCF4559.jpg


『隣の芝生は綺麗に見える』的に(ボク的には隣の奥様は綺麗に見える)、安易に出店する飲食店のオーナーが多いようですが、実際は浮き沈みがあり、なかなか大変です。よく、テレビの番組で飲食店のオープンまでのドキュメント番組を放送して、開店の日には、行列が出来てめでたしめでたしで番組終了・・・・・
というのがありますが、大切なのはその2年後・3年後、継続して営業できているか?が問題です。
現金収入があって、よく羨ましがられますが、実際の中身は大変です。飲食店の経常利益率は
少ないんですよ!

しかしながら、脱サラして飲食店出店の考えのある方にはお奨めの一冊です。基本的な参考にはなる本ですが、やはりちゃんと修行&ノウハウをマスターしてから出店するのがベストだと思います。

(生意気なことを申し上げてすみません。反対に自分に言い聞かせながら、益々精進したいと思います)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村
今日は何位だベナ?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinodai234.blog57.fc2.com/tb.php/297-86b92985
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。