上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の29日、河北町の大通りにて仏教会主催による花まつりが行なわれました。

仕事の合間を抜け出し、チラッと撮影!

DSCF3852.jpg

花まつりとは旧暦の4月8日、お釈迦様が誕生された日をお祝いして行なわれる行事です。

 天上天下、唯我独尊、三界皆苦、我当度之

お釈迦さまは生まれると、すぐに七歩ほど歩み、右手で天を、左手で地を指さして
「人は誰でもこの世に一人だけであって予備の人間はいない。命は貴いものである。私は苦しむ人々を救うことを第一としよう」といいました。

すると天に住む竜が感激して甘露の雨を降らしたといいます。

花御堂はルンビニー園を、甘茶は龍が降らした甘露の雨を表わします。

花まつりは、インドや中国でも古くから行われている行事です。日本では推古天皇の時代(606)に元興寺で初めて行われました。お釈迦さまの誕生を祝い、お釈迦さまの智慧と慈悲の教えを信じてゆくことを誓う日です。また、子供がすくすくと育つことを祈る日でもあります

(やさしい仏教入門参照)

トリミング

河北町では毎年稚児行列が行なわれますが、毎年晴天です。日ごろの行いがよいので天気の仏様が応援してくれているのでしょう!

稚児行列なのに何故かボクは若いお母さんに目が行ってしまいます。・・・煩悩だらけのボク!悔い改めます!

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
にほんブログ村
来年は出たいと思ったらポチっとな!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinodai234.blog57.fc2.com/tb.php/252-5654e562
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。