上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、お寺(宿用院)つながりで本を紹介します。

宿用院のおっさまも永平寺での修行を終えて山形に帰ってきましたが

昔読んだ こちらの本にも永平寺での修行についての内容が記してあります。



DSCF0922.jpg


チョット薄汚れていますが3回ほど読み直しているので少しくたびれてきています。

宿用院の住職も本を出版していまして読ませていただきましたが自宅の本棚の奥深くにしまってあります。後日、紹介します。


著者の野々村さんによると修行とは、食うこと、寝ること、座ること、それ自体が修行であるということです。

永平寺の修行では栄養のバランスが偏り、カッケになる人や病気になって入院する人、脱走する人などがいて、とてもつらい修行です。気が遠くなるほど座り、お経を上げ、掃除をして、食事して、寝る。

用を足すにも作法があり、ぎりぎり我慢していた場合は間に合わなくなることも・・・・


そんな生活の中から悟りを開き、他人を思いやる気持ちが出てくるのかなと・・・最近感じます。

僕はまだまだ修行が足りません。

たまには 宿用院住職ブログ
なあむ やどかり和尚の考えたこと  を読んで 自分を見つめなおしたいと考えます。


なあむ やどかり和尚の考えたこと リンクしてありますあると思います!
悟りを開いたら↓ポチッとな!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山形情報へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kinodai234.blog57.fc2.com/tb.php/18-94475a7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。