上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.20 吊るす!
まいどっす!

吊るしてます。


DSCF2591.jpg

自家製生ハムの元。


もう少し気温が低ければいいのだが・・・・。


昼間は温度が高くなるので冷蔵庫で保存。


熟成 熟成 熟成。 我慢です。
スポンサーサイト
マイド!

先日の 新潟フードメッセ in 朱鷺メッセ。


DSCF2563.jpg


新潟まで 3時間40分の旅。


DSCF2554.jpg


晴天のため バイクで・・・。


DSCF2567.jpg


面白いもの 見つけてきました。

雄勝町の すずり石の器。


習字でつかう すずりの石で加工した 食器です。


ちょっと お高いですが あそび心 満点の器なので ちょっと興味があります。


欲しい。

おばんです。

自家製生ハムづくり その3です。


10日間 塩水漬けにした 肩ロースを 水出ししてます。


DSCF2583.jpg

4時間 水を替えながらの水出しです。


程よく塩分が抜けたところで



DSCF2589.jpg


さ~~~~っと 熱湯をかけて 霜降りに。



その後 ペーパータオルにくるみ 水分を取り 冷蔵庫で冷やします。


夜になって 外気の温度が冷えたところで 洗濯ネットに入れて 陰干し。


(ネコに取られないように 空中に吊るします)

明日の朝 また冷蔵庫に入れる予定。


今回の工程は 以上です。


おやすみなさい。
まいどっす。

昨日の続きです。


昨晩 塩を振ってラップでくるみ 冷蔵庫で寝かせていた生ハムの元。


DSCF2545.jpg

思ったほど ドリップが出てませんでしたが、念のため 塩を追加し、ペーパータオルを替えてみました。


あと、もう半日 寝かせます。




・・・で、夜。


程よく ドリップが出たところで ピックル液という液に漬け込みます。


中身は 水、塩、コショー、にんにく、しょうが、醤油、レモンです。

お好みで ビールや玉ねぎも可!ということです。



DSCF2550.jpg


ここから 7日~10日間 漬け込みます。


しばらく 放置します。


結果は 後日 ご報告します。


まいどっす!


燻製機を導入した記念に 自家製生ハム造りにチャレンジする運びとなりました。



ネットで調べてみると いろんな方法があるようで・・・。



自分ところの設備でできる範囲で挑戦することにな理ました。



DSCF2543.jpg


1、精肉店より 肩ロース 600グラム を購入。

2、モンゴル岩塩をまんべんなく うっすら白くなる程度 まぶします。(プラス コショーもいいみたい)

3、ちょうど余っていた 香草のふりかけをかけます。(適当に)


DSCF2544.jpg


4、肩ロースに塩をまぶしてありますので、肉の水分が表面に出てきます。それを取るために ペーパータオルを巻いておきます。(半日後取り替え)

5、ラップでぐるぐる巻いてピッチピチにして 冷蔵庫に24時間ほど 放置しておきます。


6、あとは 神様仏様に祈る!(美味くできますように・・・・)


以上です。 続きは また後日。

2012.10.05 亀の笹きり
まいどっす。

週末にご予約いただいている お祝い膳 のための笹切り中です。

DSCF2526.jpg


ご年配のお客様に 『うちの孫に見せるから もらっていくね~』

といわれると、ボク 『どや顔』 になるそうです。


でも、褒められると伸びるタイプの人間ですので どんどん褒めてください。


お待ちしています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。