FC2ブログ
まいどっす。


㈱板長ファーム 資本金 1万円!です。


多少の日の当たる場所はあるが、プランター栽培グッズは何も無い会社ですので買い揃えました。

これから始められる方の参考になれば幸いです。


では、一覧・・・・。



日向土 18L 細粒 698円 × 4袋  2,792円

珪酸カルシウム 3キロ袋        436円

消費税                157円

合計             3385円 (ガーデニングどっとコム・・この辺で売ってません)
(3150円以上は送料無料 更にカード払いなので 手数料なし)

更に


パーム用土         105円
土入れ           105円
プランター角型       105円
プランター受け皿(2個)   205円
ネームプレート       105円
インテリアプレート(2本)  205円
青シソ・プチトマト種(2袋で)105円
パステル鉢 2個       210円
水切りネット        105円
不織布           105円
ジョウロ          210円
赤玉土  (特価)     198円
鉢底石(14L)        398円
川砂(目土)        105円
バーミキュライト(軽土)  598円
丸さや オクラ (種)   145円
手袋            248円
スポイト          80円
イチゴ苗 2個       276円
陶鉢 8号 2個(@398円) 796円
受け皿   128円 (1っこ 買い忘れ)
住友液肥 実もの用 800ml 980円
住友液肥 葉もの用 480ml 798円



で、総合計  ・・・・・・・・・・9,710円


あっぶね~!資本金使い果たすところだった!
           
まだ、これからも色々かかりそうなので 増資しなければ・・・・。

初年度の経営企画案 としては 売れ上げ目標 7000円ですので 初年度は 赤字だ。(プランターも土もリサイクルしますので2期目からは設備費かかりません) 
スポンサーサイト



2010.03.17 永田イチゴ 
まいどっす!


永田イチゴ  1日目 です。


朝日を浴びる 永田イチゴ アイベリー(赤ポット)です。


DSCF7165.jpg

指南書によると、“しばらくポットに入れたまま、水分をたくさん与える”と、ありましたので初めての水遣り!


『ほ~ら、飲め飲め!』


これでもかっ!って言うくらい水をあげました。



DSCF7166.jpg


人形刺さっている “豊の香”・・・・・高級品種らしいです。


『ほら、水 飲め!』・・・もとい・・『お水 いかがですか?たくさん召し上がれ!』


言葉遣いも優しく。


早く おがれ~!
まいどっす!

昨日は臨時休業でしたので ジオン公国“プランター育成プロジェクト”の準備のため設備投資の買出しに・・・。




娘 2人をつれて・・。(ジオン軍に2人の娘を徴兵しました)


DSCF7136.jpg

近隣市町村のホームセンターをはしごして!(何処で何を売っているか確認するため)


最初は“ホームセンター ムサシ(天童市)” 肥料関係の品揃えはいい方だ。・・・・が、お目当ての永田農法推薦の “住友液肥”は無い!


ので、イチゴの苗を買い求めました。


娘達が選んだのが


DSCF7135.jpg

DSCF7134.jpg

『豊の香』 銀色ポット 138円




DSCF7133.jpg

DSCF7134.jpg

『大実アイベリー』 赤ポット 138円


病気してなくてきれいなやつ・・・という指定で娘達に選んでもらいました。(ジオン軍としてロイヤリティーを高めるため)


どちらも初めて聞いた 名前 です。(・・・・っていうか とちおとめ しか知らない)

その後、ムサシを後に・・・


東根市 “ホームセンター コメリ”  “ホームセンター ジョイ” “100円ショップ ダイソー” “ホームセンター ダイユーエイト”などをはしごして帰ってきました。(娘達・・・ヘトヘト)


DSCF7149.jpg

水切りネットは 鉢底石を再利用しやすいように包みます。

不織布は砂(日向土)がこぼれないように鉢の内側に敷きます。



DSCF7144.jpg


永田農法お勧めの 住友液肥。


実モノ用をメインに考えてますので大きめサイズで・・。


DSCF7141.jpg


その他のグッズ。手袋、鉢、プランター、天使の飾り(死んでしまう暗示ではありません)


DSCF7137.jpg


なにせ、土など触ったことが無いですので、総て本の指示通りにそろえます。



DSCF7150.jpg


DSCF7146.jpg

イチゴの苗は少しだけこのままにしておき、ひまを見つけて鉢に移植します。


そのほか バーミキュライト(土)、 鉢底石、赤玉土、それから 日向土と珪酸カルシウム(ネットで発注済み)も買ってあります。


材料が揃ってから移植します。


さて、どうなるか?楽しみです。