上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.06.02 残土トマト
まいどっす。

ピンチです。



DSCF2135.jpg

アスファルト残土(よく見たら大きな砂利?)トマトの葉っぱの先っちょが 枯れてきました。


まだ、定植には早かったのか?それとも環境のせいか?ふめいですが・・・。



DSCF2138.jpg


隣に 大葉を投入。


根が落ち着くまで 培養土で 保護政策。


さて、どうなるか?
スポンサーサイト
まいど!

今年で永田農法でトマトを育てて3年目。

教科書通りに行かない現場に手を焼いておりますが・・・・



DSCF2114.jpg


まあ、なんとか 今のところ 順調に 生長しています。



教科書通りにしてもうまくいかないことが分かったので


適当に手を抜いたりして ヤンバイ な感じで楽しんでいます。



DSCF2116.jpg


プランターなので 大きくは育ちませんが 食べられる程度のトマトは 出来上がります。



DSCF2121.jpg

そんななか、得意の遊び心満載の実験。



アスファルト農法。



プランター脇にある アスファルトの残土で トマトは育つのか?プロジェクトです。


永田氏の説明によると 植物の根っこの役割は 苗を起たせるための役割と 水(養分)を吸収するための役割とあるそうですが(トマトの場合) 養分さえ与えていれば しっかり トマトが育つのではないか?という 仮説を立てました。


養分は液肥と水でまかない 苗を育てます。


プランターと違い 残土にも深さがあるので もしかしたら プランターより 根が広がり、奥深くまで伸びるのではないかと 考えました。



水はけも 良さそうですし、もしかしたらと考えています。



これから 枯れるまで 進捗状況を報告します。(あ~~~、畑 欲しい!)


DSCF2122.jpg

一寸 きびしいべが?
2011.07.12 出荷!
まいどっす。

山形地方も夏 真っ盛り!



暑いです。



今年、初めて挑戦した ブラックベリーも初出荷!(自分の口へ・・・)


DSCF0799.jpg


甘酸っぱいと 聞いていたが・・・結構甘い!(イケる!)


来年度は 増産体制を整えたい。



更に、黄色いアイコも


なかなかの出来です。(永田農法 育成)



DSCF0803.jpg


ただ、粒が小さいし、途中で枝が折れてしまったので大量生産は無理みたいです。

しかし、他の苗のトマトはこれから益々生産が増える予定で、楽しみです。



DSCF0801.jpg


ここで朗報(我が家だけ)


さくらんぼを大量に頂きました。 ジャムを作るそうです。



乞うご期待!(ボクの胃袋へ???)






まいど~!

最近の天候には参っています。

暑すぎて・・・プランターが 散々です。


そんな中・・・



DSCF8289.jpg


なんとか収穫しています。


ブサイクししとう。


オレンジ色のキャロル何とか・・・・。


どす黒い トスカーナバイオレット。

ルビーノ と トマトベリー というミニトマト。

2~3日、放置してたら実が割れてました。


ほとんど娘と妻の胃袋に・・。


しかし、まだまだ がんばります。目標・・・トマトまるごとゼリー寄せ!
2010.07.08 収穫の夏
まいど=!

おとといから、パソコンの再インストールのため、悪戦苦闘しておりましたが・・・



現在、何とか復旧いたしました。やはり、ドクター(パソコンの業者)がいないと生きていけません。


k.M(M写真館の弟)さん、ありがとうございました。


さて、当試験場でも続々収穫中です。


 今回も



DSCF8273.jpg


(お約束ですので・・・)水に沈むトマト、と シソ



・・・で、今回は一人で昼食タイムですので・・・






IMG_7969.jpg



収穫したトマトとシソを使い、市販のトマトソースでパスタ。




IMG_7967.jpg

・・・・食べてみると・・ちょっとシソが・・多かった!


でも、プランターから採りたての野菜を利用するランチはひと味 違います。(GOOD JOB)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。